解約する時の手続きや解約手数料

MENU

すぐに行動することが大切

脱毛ラボを「やめたいな」「つるつるになったし
もう通う必要ないな」と思った時は、解約することができます。

解約時は「やめる手続きが必要」で月額制、パックプランともに店舗に出向いて手続きをしなければいけません。パックプランは解約手続きをすると、残りの回数分を回数割で返金してもらえます。

ただし解約手数料10%+振り込み手数料を引かれた上での返金なので
純粋に残った回数分すべてお金が返ってくるというわけではありません。

月額制で通っている場合、解約したいと思ったらすぐに行動しましょう。
脱毛ラボの月額制脱毛は、毎月行った時に支払いをするのではなく、銀行口座から自動引き落としです。ですので、解約手続きをしないまま放っておくと、毎月一定額が勝手に引き落とされてしまうのです。

解約手続きをするまでに引き落とされたお金は、たとえ施術を受けていなくても戻ってはきません。
引き落とされたぶん、全額損をすることになります。

月額制も書面での手続きが必要で電話で「解約します」というだけでは引き落としが止まらず、店舗に出向いて解約手続きをしないといけません。

郵送でのやりとりも不可なので、脱毛ラボの月額制脱毛をやめたいと思ったらすぐ行動するようにしましょう。解約のタイミングによっては、次月分の引き落としをとめることができず1ヶ月多めに支払わなければいけないこともあります。

とにかく早く連絡して、手続きすることが大切です。

トップページに戻る